スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から893・第8話

そうこの親父は裏の世界ならだれでも知っている
『兵頭 玄美』さんだ。

この人を見た瞬間
青山は黒い光のものを仕舞い、すぐさま敬礼していた。

兵頭
『青山、久々に見たけどこの様なんだ??』

青山
『・・いっ・・いろ・・いろ・・ありまして。』
完全にテンパって焦っている。

兵頭
『何ゆってんだ!!いってみろぉーー』

青山
『すみません・申し訳ございません・・ご迷惑おかけいたしました。』
とすぐさま消え失せた。

兵頭
『おい・・アンちゃん2人早く病院いけ・・こんなところで暴れんなよ・・』
と笑いながらいってくれた。

ケンジ
『有り難うございます。』

ゲンキ
『いてぇーー血がトマンネーヨ』

兵頭
『次、又ここであったら飲みにでも行こうな』

ケンジ
『はい。有り難うございます。失礼します。』


そうこの
『兵頭 玄美』はこの島を占める唯一の男
兵頭一家の組長で実質この町を仕切ってる首領である。

政治・経済・もちろんのことありとあらゆる事を尽くした男である。

ここでケンジとゲンキはこの男の盃を交わすとは思ってもいなかった。

戦いの後のケンジとゲンキ
ケンジは体に支障はないが、ゲンキこいつは右膝が完全に逝っていた。

ゲンキ
『いてぃえーーまじ・・』

ケンジ
『・・・後で必ず方とろうな・・・』

ゲンキ
『ポン食ってもういくよ!!』

ケンジ
『アホ・・取りあえず落ち着けよ・・』

ゲンキ
『あぁぁぁーわかた。』

ゲンキは何とか手術で右膝はギリギリ助かった。

・・・数日後・・・・

あの件で青山は姿を消し・・もう一人ポン中
長谷川はお台場の海の上に浮かんでいた。

どうやら、俺の街で勝手に暴れて、堅気に手を出した、お前に罰だと、
天誅を『兵頭』は下したみたいだ。

これをきっかけに、また、ケンジとゲンキは夜の街でグイグイと、女に声を掛けて
クラブやキャバクラに女をスカウトするスカウトマンに復帰したのである。


復帰してから上手くいっていたんだが
ある事情により
更に厳しい状況となってしまった。


続く







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パーボークレアの無職日記
日常の生活・スロット・洋服・メガネ・猫・色々書いちゃいます。

パーボークレア

Author:パーボークレア
FC2ブログへようこそ!

オススメ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
靴下屋 公式ショッピングサイト「Tabio」
ファッション・雑貨・アクセ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1769位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
580位
アクセスランキングを見る>>
ランキングプレビュー
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。