スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から893・第5話

『どぅ!?』
と明美はいきなりスカート両手で広げせてみせた。

『綺麗ジャン!おどろいたよ。』
グイッときそうな可愛さとエロスまじで思いながらみていた。

隣のおじさんはびっくりして飲んでた缶コーヒーこぼしていた。

そのくらい轢きつける魅力を出して

『そぉぅ!良かった。』
うれしそうにキラキラした目と極上の笑顔で明美は照れていた。

ここから俺たちはギラギラ輝く六本木の街を歩いて
お店にむかった。

店は六本木7丁目
『ミッドタウン』の目の前
ビルの1F

『club luxury』
いかにも華やかでゴージャスな玄関が珍しい目印
扉を開けると100名収容のフロアと
特別なお客様だけのVIPフロアがある。

まだオープン前のフロアでは
従業員が食事をしてた。

 そこへ店長がやってきた。

『おはよう・ケンジちゃん元気??最近見ないジャンどうしてたの?』

『いや・・・色々ありまして・・』
 特になにもないが色々あったことにしとこう。

『あぁ。そう、昨日話してた子?』

『そうです・』

『明美です。よろしくお願いいたします。』

『かわいいね・じゃ早速面接しようか』
 店長も絶賛!! かなりいいねと何回もゆっていた。


面接もとんとん拍子に進み
最初の時給は3000円スタートということで
話はついた。

正直このぐらいのレベルの女性だったら
時給10000円からでもおかしくない。
そこは店長・うまく叩いた・口説いた。
女性も未経験ということもありこのぐらいが相場なんだと
何もしらないからそう思っていた。


『よかったね』
と俺がいったら、

『うん。明日から働くよ。』
ご機嫌な笑顔で喜んでいた。

『わかった。頑張ろうぜ!』
と、俺も陽気に握手した。

『じゃ明日また六本木でね。』
と投げキッスしながら地下鉄に下りて行った。


『じゃぁね』
俺もなぜか投げキッスをしてしまった。
そのくらい明美は男を引き付ける魅力がある。

そうやって本日は明美と別れた。
このときはこれから俺たちは付き合うことなど
まったく思いもしなかった。


今日はこのまま六本木でスカウトするか
街をブラブラしてたら
前からものすごくチャラついてる日焼けした
アホっぽい男がチョロチョロやってきた。

『ケンジくん・何してんの?』

『六本木で声かけようかな?とおもって』

『じゃ一緒にやろっか!!!今日もグイグイいこうよ。』

この男は『ゲンキ』男前のイカレタ野郎。
発言は変態、只、女をたらしこむ為にだけ生まれてきたような男だ

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

つまらないですね

Re: タイトルなし

> つまらないですね
貴重なコメントありがとうございます
私、まだまだ未熟者ですから
これから頑張って行こうと思いますのでよろしくお願いいたします。

私はこのブログ見て頂けるだけでも感謝しております。

これからも何かありましたらコメントくださいませ。
パーボークレアの無職日記
日常の生活・スロット・洋服・メガネ・猫・色々書いちゃいます。

パーボークレア

Author:パーボークレア
FC2ブログへようこそ!

オススメ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
靴下屋 公式ショッピングサイト「Tabio」
ファッション・雑貨・アクセ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1305位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
380位
アクセスランキングを見る>>
ランキングプレビュー
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。