スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から893・第6話

『ねぇねぇ、今日どんな女声かける?』
ゲンキは楽しそうにゆってきた。

『そうだなゲンキ、あの目の前にいるエロギャルどうだい?』
おれはゲンキに凄く綺麗でエロい女をゲンキにおすすめした。

『あれ、知ってるよ。バカの二人組の洋子とかんなってなんかヤクザみたいなやつの女だぜ』
いやな顔してゆってきた。


『じゃ行こうぜ!どんなことでもやるのが俺たちだろ』
とおれは楽しそうにゆってみた

『おおおぉ!そうだな行こうぜ!なんでもありだよな!』
速攻げんきも、ノリノリな感じになった

早速いってみた
『すいません。あのおいしいシャンパンとかお酒ある所しってますか?』
適当な事俺は聞いてみた。

・・・・即、シカトされた。

すかさず、ゲンキは
『お姉さん達さ、じゃおいしいご飯は?お金はいっぱいあるからすぐ出すからさ、いこうよ』
こいつも適当なこと聞いてた。

・・・引き続き何も答えない・・・・

『そんなにシカト!しないでよ。何か教えてよ。まじお願いねぇー!』
と俺はガキみたいにわざと洋子の右手掴んだ・

『うっさいわねー!!あんた誰?何イキがってんだよ!』
洋子は俺にくだ巻いてきた。

すかさず、かんなも
『おめーーら2人でガングロでキモい男達と話したくねぇーーんだよ!!』

『まじかぁ・・・キモいガングロだってさ!』
と俺はゲンキにいってみた。
そしたらゲンキは・・・

『私たちキモ黒ブラザーズです。』
とアマンドの前でダンスしながらアピールしてた。

周辺の待ち合わせしてるカップル達や団体サラリーマンは笑っていたが
この女たちはなんと電話し始めた。

『青山さん・洋子です。今アマンド前にいるんですがうざい男に声かけられて困ってます。』
『助けてください!!!』

といきなり話し始めた。

すると電話から2分後

『おい、オメーーラ何うちの女に手ーだしてんだ!』
といきなり俺の胸ぐらつかんできた
ごつい!いかにもヤクザですみたいなオーラで
ドレスキャンプのジャージ着こなしたイケイケの人。


一方ゲンキの方は・・・

『こら!ぼきゃ!やったまうじ!』
と長身で青白い一見普通だが気持ち悪いヤクザが絡んでた。

これを見て女達はくすくす笑ってた。
この後、俺たちはどうしようかと考えてたらいきなり
ありえない展開になった・・・・・・・・・・

続く




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パーボークレアの無職日記
日常の生活・スロット・洋服・メガネ・猫・色々書いちゃいます。

パーボークレア

Author:パーボークレア
FC2ブログへようこそ!

オススメ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
靴下屋 公式ショッピングサイト「Tabio」
ファッション・雑貨・アクセ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1305位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
380位
アクセスランキングを見る>>
ランキングプレビュー
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。